薬理生化学研究会

About Us

薬理生化学研究会は、主に行動科学的手法と神経伝達物質である「ドパミン」をテーマにした、基礎および臨床研究を行う研究グループです。基礎研究に関しては、主にげっ歯類を用いた行動実験系により依存薬物がどのような行動変化を引き起こすかを研究しています。臨床研究に関しては、主に行動実験系と神経画像技術(MRI)を用い、気分障害の薬物療法/精神療法に伴う行動変容について研究を行っています。コアメンバーの宮田は薬物依存、小高は気分障害、石井は統合失調症に罹患した患者さんを治療することによる良好な行動変化をいかに早く予測し、効率的に引き起こすことができるかを研究しています。

研究テーマ

  1. ギャンブル依存の国内分布に関する調査研究
  2. 大うつ病性障害における磁気刺激療法による「アンヘドニア」の治療メカニズムの解明に関するrs-fMRI研究
  3. 統合失調症の「回復」を予測する生育因子に関する研究

メンバー

宮田久嗣(附属病院)、小高文聰(附属病院)、石井洵平(葛飾医療センター)

主な研究業績

1. Ito H, Kawaguchi H, Kodaka F, Takuwa H et.al,. Normative data of dopaminergic neurotransmission functions in substantia nigra measured with MRI and PET: Neuromelanin, dopamine synthesis, dopamine transporters, and dopamine D2 receptors. Neuroimage. 2017 Sep;158:12-17.

2. Fujino J, Fujimoto S, Kodaka F, Camerer CF, Kawada R, Tsurumi K, Tei S, Isobe M, Miyata J, Sugihara G, Yamada M, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H.Neural mechanisms and personality correlates of the sunk cost effect.Sci Rep. 2016 Sep 9;6:33171. doi: 10.1038/srep33171.

3. Kawaguchi H, Shimada H, Kodaka F, Suzuki M, Shinotoh H, Hirano S, Kershaw J, Inoue Y, Nakamura M, Sasai T, Kobayashi M, Suhara T, Ito H. Principal Component Analysis of Multimodal Neuromelanin MRI and Dopamine Transporter PET Data Provides a Specific Metric for the Nigral Dopaminergic Neuronal Density. PLoS One. 2016 Mar 8;11(3):e0151191. doi: 10.1371/journal.pone.0151191. eCollection 2016

4.Kodaka F, Takahashi H, Yamada M, Takano H, Nakayama K, Ito H, Suhara T.Effect of cooperation level of group on punishment for non-cooperators: a functional magnetic resonance imaging study.PLoS One. 2012;7(7):e41338. doi: 10.1371/journal.pone.0041338. Epub 2012 Jul 23.