老年精神医学研究会

About Us

老年精神医学研究会では、老年期の疾患を通じて精神症状のメカニズムの解明と病態モデルの構築を目指すこと、そしてそれらを治療戦略に応用し、患者と社会に還元することをミッションとして、さまざまな臨床研究を行っています。国内外の研究者と積極的に交流し、情報交換を行うことで国内外に成果を発信することを心がけています。

研究テーマ

  1. 認知症発症過程における神経保護因子と酸化ストレスの研究
  2. DNAメチル化を指標とした認知症の診断バイオマーカーの研究
  3. 認知機能障害を有する糖尿病患者に対する治療方針の妥当性の検討の研究
  4. 神経変性疾患や老年期精神疾患のタウイメージングに関する研究
  5. 前頭側頭葉変性症の早期診断法開発および自然歴に影響する臨床・遺伝因子の探索に関する多施設共同研究
  6. 原因疾患別のBPSD包括的・実践的治療指針の作成に関する多施設共同研究

メンバー

繁田雅弘(附属病院)、布村明彦(附属病院)、品川俊一郎(附属病院)、稲村圭亮(柏病院)、互健二(大学院生)

主要な研究論文

1. Shingawa S, Kobayashi N, Nagata T, Kusaka A, Yamada H, Kondo K, et al. DNA methylation in the NCAPH2/LMF2 promoter region is associated with hippocampal atrophy in Alzheimer’s disease and amnesic mild cognitive impairment patients. Neurosci Lett 2016;629:33-37.

2. Inamura K, Sinagawa S, Nagata T, Tagai K, Nukariya K, Nakayama K.  Executive Dysfunctions Correlated with 2-Year Treatment Response in Patients with Late-Life Undifferentiated Somatoform Disorders.Psychosomatics 2016;57:378-389.

3. Shinagawa S, Shigenobu K, Tagai K, Fukuhara R, Kamimura N, Mori T, et al. Violation of laws in frontotemporal dementia: a multicenter study in Japan. J Alzheimers Dis 2017;57:1221-1227.

4. Tagai K, Shinagawa S, Kada H, Inamura K, Nagata T, Nakayama K. Anosognosia in mild Alzheimer’s disease is correlated with not only neural dysfunction but also compensation. Psychogeriatrics 2018;18:81-88.